注文住宅の相場とポイント

注文住宅の相場はどれくらい?

注文住宅の相場は?

 

注文住宅の相場を国土交通省のデータを元に算出すると・・・

 

注文住宅を建てようと思ったら、まず気になるのが

 

『他の人はいくらくらいの家を建てているのか』

 

つまり相場ですね。

 

そこで
建築物を建築しようとする時に提出する
「建築工事届」を国土交通省が
調査集計して作成した
28年度の新築住宅に関する資料
(http://www.mlit.go.jp/statistics/details/jutaku_list.html)

 

から個人の持ち家の坪数と工事費の予定額を抜き出してみました。

 

 

【個人の持ち家の坪数と工事費の予定額】
  件数 工事費予定額 床面積 単価
u 1u 1坪
全国271,695件2,296万円122u37坪19万円62万円

 

その結果を見ると、2200万円程度が目安となるようです。

 

>>県別の相場はこちら

 

ただしこれは予定額なので追加工事や設計事務所に依頼した際の設計料などは含まれていません
実際の注文住宅を建てる時の費用相場は具体的な金額は不明ですが、もう少し高くなるようです。

 

住宅金融支援機構のデータから注文住宅の相場を見る

 

住宅金融支援機構ではフラット35の融資を受けた人を対象とした工事費用調査を行っています。

 

住宅金融支援機構フラット35利用者調査

 

【住宅金融支援機構フラット35利用者調査】
  件数 工事費予定額 床面積 単価
u 1u 1坪
土地の費用は別途用意または、すでに所有している
全国15,239件3,308万円129.3u39.1坪25.6万円84.6万円
土地の費用も借入
全国24,582件2,663万円113.3u34.3坪23.5万円77.6万円

 

この調査によると、
既に土地を所有している人としていない人では、
700万円程度の差がでています。

 

土地の費用も借入るとすると、
それだけ借入金額が増えて毎月の返済が増えるので、
建築費用を抑えたと考えられます。

 

ただ調査件数に約9000件の差があるので、
700万円も差がでたのは
たまたまかもしれませんね。

 

この調査では月々の返済額も公表されています。

 

【フラット35利用者月々の返済額】
  件数 返済額 総返済負担率 平均年収 平均年齢
土地別15,239件9.14万円20.2%542.9万円42.1歳
土地込24,582件10.95万円23.3%563.9万円37.1歳

 

フラット35の利用者は
月々に10万円程度返済しているようです。

 

ただ平均年齢が40歳で
年収が550万円と比較的高所得なのが分かります。

 

この点も、
国土交通省のデータよりも
費用相場が高額になっている理由でしょう。

 

相場を気にするのはやめましょう

 

先ほどのフラット35のデータでは、
月10万返済して3000万円の注文住宅を建てています。

 

だから今、
年間所得が低くても家族みんなで頑張れば
10万円の返済はできそうな気がしてきませんか?

 

それはとても危険なことなんです。

 

例えば、こんな目に会うことだってあります。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

大丈夫?住宅ローン破産

注文住宅建てた
相場に近い家を建てた
がんばって働いている
住宅ローンの返済無理のようだ

 

注文住宅で失敗しない為に・・・

 

注文住宅相場の画像

 

 

あこがれの注文住宅。

 

こだわった家作りをしたいけれど、あれもこれもは無理。

 

だけど、

 

「最低でも相場ぐらいの家にしたい」

 

って思う人は多い。

 

 

だが相場は平均的な金額の事。

 

高いものもあれば安いものもある。

 

お金を持っている人は億超えの家を建てたりしている。

 

 

ですが普通の人には無理です。

 

 

 


そればかりか、相場といわれるものも冷静になって考えれば途方も無い金額です。

 

 

たしかに、数十年かけてこつこつと返していけば、返済できます。

 

ですが、返済し続けることが一番たいへんです。

 

特に家計に負担を強いる返済はおすすめできません。

 

 

「ぎりぎりまで節約して、毎日遅くまで働いて・・・」

 

 

そのような生活は長く続きません。

 

支払いができなくなれば、家を手放すこともあります。

 

 

だからこそ、注文住宅を建てるときは相場を気にせずに、今自分たちが

 

「余裕を持って返済できる金額」

 

で予算を設定するべきです。

 

資金が足りないならば、計画を先送りして頭金を貯めるか、マンションや建売住宅も視野に入れてみるのも良いでしょう。

 

 

注文住宅にこだわる人にとって、これらはあまり魅力がないかもしれません。

 

ですが、新居を建てるという事は何千万というお金を払って、

 

「これからの家族の居場所と幸せな生活を買うという事」

 

です。

 

お金の苦労や失敗は幸せを壊してしまうかもしれません。

 

ある程度の妥協も必要です。

 

 

また、支払いの他にも失敗することがあります。

 

建売も含みますが、

 

「家を建てた後に満足している人は約3割」

 

だと言われています。

 

 

7割の人が失敗したなと感じているのです。

 

なぜなら、ほとんどの人にとって家を建てるということは未知の領域なのです。

 

失敗しない為には十分な知識と、最も良い方法を探す根気が必要です。

 

これはとても時間が掛かります。

 

ですがあせらずに、

 

必要な知識を吸収し、手間と時間をたっぷりとかけることで、失敗する確率を減らせます。

 

 

 

当サイトでは、次のコンテンツがあります。

 

 

最初に、3つの失敗例を挙げています。

 

よくある事例を物語風にまとめてあります。

 

各ページの最後には、「注文住宅で失敗しない為のポイント」へのリンクから何に注意すればいいのか分かるようになっています。

 

また「注文住宅の相場と費用」では、必要な費用や相場について説明しています。

 

注文住宅そのものの相場は気にする必要はありませんが、諸費用などの相場は知っておく必要があります。

 

これらの相場は、工事費全体の何パーセントというような記述が多く、たかが数パーセントと思っていると後で苦労します。

 

総工事費が1,000万円で相場が1パーセントだと10万円。

 

10パーセントだと100万円です。

 

予算オーバーにならない為にも、相場が何パーセントでいくらになるのか把握することが大事です。

 

その他、注文住宅を建てる際に気をつけたい事、知っておきたい情報をお届けします。

 

家を建ててから後悔しないように、ぜひお役立てください。

 

 

注文住宅で失敗する3つの落とし穴

最初のページは
【落とし穴 その1】>>>ローンの落とし穴

いい家を建てよう!



 

新築の床をいつまでもキレイにする、フロアコーティングとは!?

フローリングにワックスをかける


注文住宅アンケート

アドバイス例

注文住宅を建てた人に、感想とこれから建てる人へのアドバイスを聞いてみました。
よかったところ、後悔したところ。
様々な声を聞くことができました。
参考になるものをたくさんあるので、ぜひ見てください。

 

閲覧数が多い記事 TOP5

(2018年7月集計)


トクした我が家の体験記 注文住宅の3つの落とし穴 注文住宅で失敗しないポイント 注文住宅の相場と費用 注文住宅基礎知識