フロアコーティングとは何だろう?

 

フロアーコーティングって何?

フロアコーティングってなに?

いつの間にかフローリングが珍しくない時代に

フロアコーティングは新築の時に施工を行っておけば、誤って何かを落としてしまった時や、椅子や机、家具などを誤って引きずってしまっても傷がつき難いと言うメリットも在り、新築の時に施工を行えば長期間の美観を保つ事が出来ると言うメリットが有ります。

 

フローリングと猫

そもそも従来の日本の住宅と言うのは畳の在る部屋、和室の部屋が中心で、洋間と言うのは1部屋と言うのが主流でしたね。

 

私の実家も板の間は台所(イメージ的にキッチンでは無い)くらいでした。

 

しかし、だんだんと畳の部屋と言うのは家具を置いてしまうと、畳に家具の跡が付いてしまう事などからも使い難いとされて来るようになりました。最近の4LDKの一戸建て住宅などの場合は1部屋が和室で、他の部屋は全て洋間と言う状態になっている事も珍しくありません。

 

洋間と言うのは木材を使った床になっている部屋であり、現代の洋間の床にはフローリングと呼ばれている木材が利用されています。

 

また、バリアフリーを取り入れるため段差を無くすために、フローリング床の面積は広くなっているのが特徴で、部屋の中だけではなく廊下までもがフローリング床になっています。

 

 

フローリングは維持するのがタイヘンなんです

フローリングは光沢などが綺麗な床材ですが、この光沢を維持するためには半年から1年に1度の割合でワックス塗装が必要になります。

 

これがタイヘンで、ワックス塗装を自ら行う場合は、室内に置いてある家具類を全てどかして、古いワックス塗膜を剥がしてから新しいワックスを使ってフローリング床を磨く必要が有ります。

 

ワックスがけを行うことでフローリング床は常に綺麗な状態を維持出来るわけですが、また半年から1年経ったらワックスがけを行う必要が在ります。繰り返し繰り返しです。

 

この手間を軽減してくれるのが、長期間綺麗な状態に保つ事が出来るのがフロアコーティングです。

ワックスがけ

メリットは?

フロアコーティングは次のようなメリットがあります。

  • フローリング床の表面に特殊なコーティング剤を塗布する事でフローリング床の美観を長期間保てると
  • 耐水性が強いため、フローリング床には厳禁とされている水拭き掃除が出来るため、日々の掃除が楽に行える
  • メンテナンスも数年間から長いものでは30年と言う耐久性が在る

非常にメリットがあるので、フロアコーティングを新築の住宅の時に施工する人も少なく有りません

 

また、新築だけではなく古い住宅でもフロアコーティングを行えば、コーティング材料が持つ耐用年数の中でメンテナンスが要らなくなると言うメリットが有ります。

 

但し、古い住宅で施工を行うよりも新築の状態の時に施工を行うことで効果が高くなるのが特徴です。

 

フロアコーティングはフローリング床の表面を特殊なコーティング剤が塗布されることで傷などからフローリング床を守ることが出来るからです。

 

新築の時に施工を行っておけば、誤って何かを落としてしまった時や、椅子や机、家具などを誤って引きずってしまっても傷がつき難いと言うメリットも在り、新築の時に施工を行えば長期間の美観を保つ事が出来ると言うメリットが有ります。

フロアコーティング業者の選び方ワンポイント!

床を掃除

良い業者を選ぶのはとても難しいですね。
近所で評判を聞いたり、口コミを調べたり。
時間も掛かりますが、調べたことが本当のことかどうかは依頼後にしかわかりません。


そこでワンポイント!


実績のある業者を斡旋してくれるサービスを利用するのがベストです。
≪フロアコーティング一括見積り.COM≫も、そんなサービスに一つです。


  • 全国各地の厳選された業者を掲載
  • 各業者の金額例を掲載
  • 各業者の口コミを掲載
  • 最高8社に見積もり依頼可能
  • 見積もりは無料

さらにフロアコーティングの基礎知識も掲載されているので、見るだけの価値があります。


ホームページはこちらです。
=>≪フロアコーティング一括見積り.COM≫

注文住宅アンケート

アドバイス例

注文住宅を建てた人に、感想とこれから建てる人へのアドバイスを聞いてみました。
よかったところ、後悔したところ。
様々な声を聞くことができました。
参考になるものをたくさんあるので、ぜひ見てください。

 

閲覧数が多い記事 TOP5

(2018年7月集計)


トクした我が家の体験記 注文住宅の3つの落とし穴 注文住宅で失敗しないポイント 注文住宅の相場と費用 注文住宅基礎知識