台形の土地にL字の形で建築しました!(注文住宅体験談アンケート)

設計して頂いた方の人間性が素晴らしい!

■家を建てた人の体験談&アドバイス■

台形の土地にL字の形で建築しました!

大分県 Y.Tさん


こだわった点

 

台形の土地にL字の形で建築しました。
L字にすることでどこからでも庭を見渡せる、手入れも行き届きやすくなる、子供たちの様子も見えるので利点が多いです。
水回りは全部コンクリートにタイルを張り白で統一しています。
システムキッチンや洗面所の既製品をやらずオリジナルな仕上がりにすることでおしゃれで効率が良いです。

 

システムキッチンは年数が経った時に劣化により食器乾燥機、食洗機、コンロなどの交換に手間やコストがかかります。
コンクリートは劣化が少ないので食洗機とコンロをはめ込み、シンク下は空間にしました。
そうすることで湿気を減らしゴミ箱をおき、見た目をきれいにしています。

 

コンロを4口にして使いやすくし、コンロ下は棚を2つ作り引き出しに鍋、ザルなどを収納しています。
キッチンの収納はなるべく少なくしました。理由は収納が多いと物を溜め込むからです。
スッキリ暮らすためにはなるべく買わない、あるもので代用する方が財布にも空間にも優しいです。
見た目がごちゃごちゃにならないように意識が高まっています。

 

トイレの手洗い場はトイレだけではなく、子供たちが使いやすいようにトイレの外に設置しました。
お友達が来ても手洗い場がごちゃごちゃしません。
水回りは全部タイル張りにして掃除もしやすくしました。

 

子供部屋は9畳を2つに仕切れるように作り、部屋と廊下の仕切り壁に棚を合わせて作りました。
部屋を仕切ると机、ベッド、作り付けの棚、クローゼットだけの小さめの部屋が2つになります。
小さく作ることで子供が籠りがちにならないように、家族団らんが自然とできるようにしました。

 

家の裏には畑を作り、上質な土を入れて頂きました。庭で遊び畑で野菜を育て、花いっぱいに過ごしています。
設計して頂いた方の人間性が素晴らしく要望を喜んでチャレンジしたいと言って頂きました。

 

 

 

注文住宅を建てるのに掛かった費用

 

2500万円

 

体験談

 

水回りは全部タイル張りでおしゃれに仕上げましたが梅雨の時期は湿気が気になります。
除湿器を付けて過ごしています。
南の地域に住んでいるので台風などもあり鉄筋コンクリートで造りましたが、少し熱が木造よりはこもるかもしれませんが、安心して暮らせます。

 

エアコン代は木造よりはかかります。

 

隣との生活を気にしないように隣接する窓は押戸、磨りガラスにしましたが網戸の設置まで考えなかったので建てた後に少し苦労しました。網戸の設置、雨戸まで考えた方がいいですね。

 

施工業者はいくつか検討して話していて気持ちの良いかたにお願いするのが良いです。
最初相談した方には考え方を理解してもらえず嫌な気持ちになりました。是非考え方の合う方を妥協せずに探した方がいいですね。

 

やはり冬は寒いのでお風呂場は暖房ができるかは検討しても良かったなと思います。
L字の設計は周りから丸見えのマイナスもあるので家にいるのが一目瞭然な点はゆっくりゆったりしたいときは少し困ります。
特に地域密着型の住まいのため、突然の来客にうんざりするときもあります。
しかし、丸見えの分、心理的に綺麗に家を保とうという意識は生まれますよ。

 

タイル張りの床は検討をしっかりした方がいいです。

 

 

アドバイス

 

住宅ローンは頭金があるのとないのとで全然違います。収納することばかりではなく、収納しないですむくらいの計画を立てると家もローンもお財布もスッキリするかもしれません。

 

表札や棚の取っ手、細かい材料を自分たちで購入する、作ることで節約と可愛い家に繋がります。住宅ローンは安いですが、それは金額が大きいから安く感じますがどれくらい払うのかを実際に計算して計画的に建てるとゆとりあるマイホーム生活が送れますよ!

 

 

 

 

家と親子

いい家を建てよう!



 

新築の床をいつまでもキレイにする、フロアコーティングとは!?

フローリングにワックスをかける


注文住宅アンケート

アドバイス例

注文住宅を建てた人に、感想とこれから建てる人へのアドバイスを聞いてみました。
よかったところ、後悔したところ。
様々な声を聞くことができました。
参考になるものをたくさんあるので、ぜひ見てください。

 

閲覧数が多い記事 TOP5

(2018年7月集計)


トクした我が家の体験記 注文住宅の3つの落とし穴 注文住宅で失敗しないポイント 注文住宅の相場と費用 注文住宅基礎知識