子育ての間取りと大人の利便性を考えました(注文住宅体験談アンケート)


子育てと利便性を考えました!

■家を建てた人の体験談&アドバイス■

子育ての間取りと大人の利便性を考えました


こだわった点

 

当時は1歳の娘と30代の夫婦で、将来的にもう一人子供が増え合計4人家族で暮らす予定の二階建てコンクリート造りの家を建てました。
一階は収納付き土間がありベビーカーがそのまま入る玄関、入ってすぐのリビングとアイランドキッチン、和室が繋がった吹き抜けスペース等、子供がどこで遊んでいてもキッチンから見える子育て中心の間取りです。

 

トイレ、洗面所、浴室は一箇所に固めいずれもトイレトレーニングや着替えがしやすいように広めに設計しました。
二階への階段は、将来的に子供がリビングを通らないと自分の部屋へ行く事ができないように玄関から一番近い位置につけました。
二階は廊下沿いに左右に1部屋づつ子供部屋を作り、納戸、夫婦の寝室と4部屋、トイレです。

 

廊下に一部広めに面積を取ったところには小さめの洗面台をもう1つつけました。私のこだわりで、将来的に朝混雑するであろう洗面所のサブとして使う予定でした。

 

夫婦の寝室からは狭いながらもベランダがあります。
二階は収納としてどの部屋にもクローゼットをつけ、季節に合わない布団をしまう場所もとりました。
外壁にはタイル張りを使い、20年、30年後にくる塗り替えの費用を節約する計算です。

 

屋根には3kwの太陽光発電パネルをつけました。
全体的に子育て中心の家になりました。

 

注文住宅を建てるのに掛かった費用

 

約2800万円

 

体験談

 

まず、玄関はとても使い勝手がよく、収納付き土間は子供が大きくなるにつれて活躍しています。雨具をかけておいたり、ボール、遊具を収納しています。
アイランドキッチンは子供と料理するのにぴったりですが、洗い物や汚れがよく見えて来客時には慌てます。
続き間の和室は、子供の遊んだり勉強するスペースになり、コタツも出せて省エネにも役立ちました。
しかし吹き抜けはエアコンが効かず、電気代をかなり使います。床暖房があれば問題ないと思いますが、費用が足りませんでした。
二階のサブ洗面台はかなり役立ちます。
二人目の赤ちゃんの沐浴、オシメ変えの後の手洗い、コンタクトの洗浄などにも使えて、洗面所よりも明るいため子供はここでしか歯磨きをしなくなりました。
ここで大きな反省点があります。
洗濯機を置く場所をこの二階の洗面台の横にすれば良かったということです。
今は一階の浴室の隣ですが、そこから重たい洗濯物を持って一番奥の階段を登り、また二階の一番奥のベランダまで運んで干している為、毎日の洗濯が大変です。
また、主人の部屋がないので休みの日に一人になれる場所がなく、ストレスに感じているようです。
吹き抜けがあるので子供の就寝後もテレビの音に敏感になり、大人が楽しめる空間の確保ができていません。
子供の為とオープンな間取りにしましたが、大人の利便性には問題が残りました。

 

 

アドバイス

 

家事動線をしっかり見直すことと、将来的に家族がどういった使い方をするようになるのか想像して構成するのが正解です。
収納も大きく1つあればいいというものではなく、よく使うところに小さくとも沢山付けることがいいのではないでしょうか。

 

 

 

家と親子

 

 

■家を建てた人の体験談&アドバイス■

 


いい家を建てよう!

よい会社に出会うのが、よい家を建てる為の第一歩です。
できるだけ多くの会社を比較しましょう。
タイヘンだけど、やっただけよい結果がでます。

がんばって、いい家を建てましょう!


 

新築の床をいつまでもキレイにする、フロアコーティングとは!?

フローリングにワックスをかける


注文住宅アンケート

アドバイス例

注文住宅を建てた人に、感想とこれから建てる人へのアドバイスを聞いてみました。
よかったところ、後悔したところ。
様々な声を聞くことができました。
参考になるものをたくさんあるので、ぜひ見てください。

 

閲覧数が多い記事 TOP5

(2018年1月集計)


トクした我が家の体験記 注文住宅の3つの落とし穴 注文住宅で失敗しないポイント 注文住宅の相場と費用 注文住宅基礎知識