注文住宅と2x4(ツーバイフォー)工法


【基礎知識 その3】枠組壁工法(2x4工法)とは

 

 

枠組壁工法は木材で枠を造り、構造用合板を釘で打ちつけてパネルを作ります。

 

そのパネルを箱のように組み合わせて家を造り上げます。

 

パネルを作るために使用する木材は、主に断面が2インチ×4インチの輸入材が使用されることから一般的に「2x4(ツーバイフォー)工法」と呼ばれています。

 

枠組壁工法は壁全体で家を支える構造となっています。

 

その為地震に強い造りとなっています。

 

また隙間ができにくいので断熱性や遮音性が高いのも特徴です。

 

その反面、大きな窓を取り付けると強度不足となる恐れがあります。

 

また同様に、広い部屋や吹き抜けなども制約があります。

 

この工法も注文住宅でも使用されることが多いです。

 

2x4材

2x4材

 

断面が2インチ×4インチの木材を製材したもの。
2インチ=50.8mmだが、製材後は39mmとなる。
同様に長辺は89mmとなる。


2x4工法 強い
2x4工法 開口部が広いと弱い
※枠組壁工法は「2x4(ツーバイフォー)工法」の他に、工場で生産したパネルを現場で組み立てて家を建てる「木質パネル工法」もあります。

 

枠組壁工法のメリット・デメリット

メリット
  • 費用や工期が短い。
  • 耐震性・断熱・気密性、遮音性が高い。
  • 高度な技術がいらないので工務店の技術による差がでにくい。
デメリット
  • 間取りや設計に制約がある。
  • 壁に手を加えにくい為に、大規模なリフォームが難しい。
注文住宅基礎知識

次のページは
【基礎知識 その4】>>>工法:鉄骨造(S造)

いい家を建てよう!

よい会社に出会うのが、よい家を建てる為の第一歩です。
できるだけ多くの会社を比較しましょう。
タイヘンだけど、やっただけよい結果がでます。

がんばって、いい家を建てましょう!


 

新築の床をいつまでもキレイにする、フロアコーティングとは!?

フローリングにワックスをかける


注文住宅アンケート

アドバイス例

注文住宅を建てた人に、感想とこれから建てる人へのアドバイスを聞いてみました。
よかったところ、後悔したところ。
様々な声を聞くことができました。
参考になるものをたくさんあるので、ぜひ見てください。

 

閲覧数が多い記事 TOP5

(2018年1月集計)


トクした我が家の体験記 注文住宅の3つの落とし穴 注文住宅で失敗しないポイント 注文住宅の相場と費用 注文住宅基礎知識