注文住宅の設計費用の相場

注文住宅の設計費用

 

 

注文住宅で家の間取りや仕様などの設計にも費用がかかります。

 

費用がもったいないからといって、この作業をおろそかにできません。

 

設計が悪いと出来上がる注文住宅も悪いものになってしまいます。

 

また、設計をもとに見積もりが算出されます。

 

良い注文住宅を建てるには設計者と息を合わせてじっくりと作業をする必要があります。

 

その中で何度も設計をするための打ち合わせをして、設計図を作成して、施主と確認して、修正をする。

 

手間暇がかかるので、当然費用もかかります。

 

では、設計の費用はいくらくらいなのか。

 

ここでは設計の費用について説明します。

 

設計

工務店・ハウスメーカーの設計費用

工務店・ハウスメーカーの設計費用は2〜5%前後だといわれています。
2千万円の注文住宅だと、40万円〜100万円の計算となります。

 

ですが実際には、数十万円や無料というケースもあるようです。

 

注文住宅といっても、工務店・ハウスメーカーでは建築費用を低くする為に統一した仕様で設計されていることがあり、特に強いこだわりが無ければ設計費用も安く抑えることができます。

 

しかし、この場合でも実際に掛かった費用がゼロということはありえないので、工事費に含まれていると考えた方が良いでしょう。

 

担当者に確認すれば、そう答えてくれると思います。

 

逆に、うちは無料だといい続ける場合は何か隠しているのかもしれません。

 

また、工務店・ハウスメーカーは設計事務所と異なり自社で施工することが多い。

 

その為、簡略化や自社内で通じる記載方法をとって、設計に必要な時間を短縮することもあります。

 

このようにして費用を抑えています。

 

また、工務店・ハウスメーカーによっては外部の設計事務所に依頼していることもあります。

 

設計は注文住宅造りで重要な作業ですので、設計士の顔が見えないケースは避けたほうがよいです。

 

そして、ハウスメーカーと設計事務所の関係を確認して、設計に問題があったら誰が責任を負うことになっているのか聞いておきましょう。

設計事務所の設計費用

設計事務所は大きなバラつきがあり設計費用と監理料を合わせて10〜15%と言われています。
ですが、有名だったり人気がある事務所に依頼するとさらに高額となる事もあります。

 

国土交通省が「建築設計・工事管理等の業務報酬基準」というものを制定しています。
しかし、この基準は高すぎるという声もあり実際の費用は安くなることが多いようです。

 

設計事務所のメリット・デメリット

 

設計事務所に依頼しようと考えている人は、「ありきたりなデザインに満足できない」という人です。

 

周りと見た目が違う家が欲しいと思うのは当然のことです。そのため一からデザインをしてくれる設計事務所は魅力的です。

 

これが設計事務所に依頼する大きなメリットです。

 

ではデメリットは何でしょうか?

 

  • 時間がかかる

     

    一から設計を行うので家が完成するまで、一年程度かかります。

     

  • デザイン=住みやすさではない

     

    ハウスメーカーは住人の動きなどをシミュレーションして、生活のしやすい家を提案することができます。
    ですがデザインが先行しがちな設計事務所は、見た目が良くても住みにくい家になりがちです。
    その為数年後に不満が出て、リフォームというケースも考えられます。

     

    デザインと住みやすさを両立できるかどうかは、設計事務所の実力や依頼者への姿勢で大きく変わってくるので、評判など念入りに調査する必要があります。
    ただ小さな事務所の評判などを調べるのは難しく、運に頼るしかないのが現状です。

     

  • 費用が読みにくい

     

    設計事務所は依頼者に要望を聞き取り家を設計します。
    そこには予算も含まれます。
    ですが実際に施工するのは工務店であり、設計した図面を元に工務店に見積もりを行います。
    その時点で予算とのズレが出ます。
    ほとんどが予算オーバーで、設計事務所の腕が悪い場合は数百万円の差が出ることもあります。
    設計費用と合算すると時にはハウスメーカーと同等になることも珍しくありません。
    この状態から予算に合わせて妥協していった結果、デザインを諦めるということもあります。
    予算に限りがある人はこの点を念頭に置いておきましょう。

     

  • 責任が明確でない・アフターサービスがない

     

    ハウスメーカーのようなアフターフォローが用意されている設計事務所は、ほとんどありません。
    また、設計と工事が分かれているため、工事後に雨漏りなどの欠陥があった場合責任の擦り付け合いになるケースもあります。

     

  • 用意できる予算で対応が変わることがある

     

    例えば設計料が10%だとすると、予算が2000万円なら200万円。予算が3000万円なら300万円が設計事務所の収入となります。

     

    低予算で施主の希望を最大限に取り込む方が設計の手間が大きいので、設計事務所によっては対応が悪かったり、繁忙期には後回しにされたりすることがあります。

 

 

設計事務所の仕事

 

設計事務所の仕事として、工事監理があります。

 

建設工事は設計事務所ではおこなえないので、工務店に依頼します。

 

多くの場合、設計事務所で最適な工務店を手配してくれます。

 

工事が開始されると設計事務所は、工事が計画通りに進捗しているかどうか、設計通りに造られているか等をチェックします。

 

これが工事監理です。

 

現場の責任者(現場監督)も同じようにチェックしますが、それとは別に外部からの目線でチェックします。

 

工事の手を抜いたり、材料の品質を落としたりする事がないようにするには施工業者とは別の第三者が必要なのです。

 

工務店やハウスメーカーに設計依頼をした場合、監理者はその業者の社員となります。

 

社員ですので、場合によっては会社の利益になるように行動するかもしれません。

 

あってはいけないことですが、可能性を否定できません。

 

設計事務所に監理を依頼することで、第三者としてチェックしてもらえるので、施主として安心できます。

 

 

設計事務所は設計・監理と注文住宅の初めから最後まで関わることになります。

 

ただし、監理をしっかりとできていない設計事務所もあるので、安心はできません

 

良い設計事務所に依頼できれば、10年後20年後も満足できる家を建てることができます。

 

ですが多くの人が建てあと「こんなものか」と感じるようです。

 

設計事務所といえども自分の理想とする家を建てるには、それなりの費用が必要となるので過度の期待はしないほうがいいでしょう。

注文住宅の相場と費用

最後のページは
【相場と費用 その9】>>>住宅ローン

いい家を建てよう!



 

新築の床をいつまでもキレイにする、フロアコーティングとは!?

フローリングにワックスをかける


注文住宅アンケート

アドバイス例

注文住宅を建てた人に、感想とこれから建てる人へのアドバイスを聞いてみました。
よかったところ、後悔したところ。
様々な声を聞くことができました。
参考になるものをたくさんあるので、ぜひ見てください。

 

閲覧数が多い記事 TOP5

(2018年7月集計)


トクした我が家の体験記 注文住宅の3つの落とし穴 注文住宅で失敗しないポイント 注文住宅の相場と費用 注文住宅基礎知識