注文住宅で失敗しないポイント:書面に残す


言ったいわないがないように・・・

 

「いいですよ、やっておきますよ」

 

「お願いします」

 

注文住宅は最初の打ち合わせから完成まで長い期間かかります。

 

その間に住宅会社の担当者と打ち解けて、気心が知れてくる・・・なんてこともあるかもしれません。

 

だからこそ、決めたことは書面に残す必要があります。

 

 

相手も人間ですから、うっかりと忘れてしまうこともあるでしょう。

 

会社の上司の許可が取れなくて、言い出せないうちに工事が終わってしまったのかもしれません。

 

約束したのに果たさなかったのだから、相手が悪いのは確かです。

 

ですが、それを追求することはできません。

 

証拠が無いのだから無理なのです。

 

 

どんな小さなことでも書面にしてもらいましょう。

 

特に費用が掛かる変更箇所は必須です。

 

 

 

何かあったら必ず書面に残す。注文住宅で失敗しない為のポイントです。

 

画像

追加工事は必ず見積もりを

言ったいわないで問題になる最たるものは、追加工事です。

 

工事が始まってからの追加、または変更は費用がかかります。

 

数万円では収まらなくて、数十万・数百万となることもあるでしょう。

 

その場合は必ず見積もりを取るようにしてください。

 

お金の話が出なかったから、タダなんだな」と、勘違いする人もいます。

 

しっかりと請求されますので、注意してください。

 

でも、追加費用が数百万だと知っていたらやらないと思います。

 

費用を知る為に見積もりを取ってください。

 

 

ただし、追加工事はタイミングによってはできないことがあります。

 

材料や機材を注文後で取り消しができなく、工事内容を変更したらそれらがムダになってしまう場合です。

 

新しく注文しなおすことも可能ですが、すでに注文してあるものの費用も請求されます。

 

変更が可能だけれども、工事が止まってしまうこともあります。

 

内容が変わる可能性がある箇所の工事は続行してもムダになってしまうからです。

 

この期間はいちおう職人さんは働いているので、賃金が発生します。

 

その分も請求に上乗せされます。

 

 

追加工事はトクな事がありません。

 

どうしても必要な場合を除き、やらないようにしましょう。

 

 



 

注文住宅アンケート

アドバイス例

注文住宅を建てた人に、感想とこれから建てる人へのアドバイスを聞いてみました。
よかったところ、後悔したところ。
様々な声を聞くことができました。
参考になるものをたくさんあるので、ぜひ見てください。

 

閲覧数が多い記事 TOP5

(2018年1月集計)


トクした我が家の体験記 注文住宅の3つの落とし穴 注文住宅で失敗しないポイント 注文住宅の相場と費用 注文住宅基礎知識